藤田美術館展

0

     奈良国立博物館で藤田美術館展を開催している。国宝の曜変天目茶碗を見に行った。


     初めは人が多く行列がすごいと聞いたので、そのうち大阪へ行ったらゆっくり見られるだろうと思って、行く気は無かったのだが、調べて見たら藤田美術館は今リニューアル中で開館は2022年4月だという。この歳になると3年先などどうなるかわからない。


     それに大井戸茶碗蓬莱や重文の油滴天目など他に見たいものもあるので、少々混んでいても見ておこうと出かけて行った。


     案の定、曜変天目は間近で観るのに30分ほど並んだが、それだけの価値は十分にあった。予想以上に美しかった。


     8Kの高画質画像だという拡大した写真もあったが、あれはダメ! 美術鑑賞には何の役にも立たない。やはり実物を自分の眼で見ないといけない。ただ照明の光源が茶碗に写っていたのが少々邪魔だった。

     

     大井戸茶碗も良かった。初め茶碗だけ見て帰ろうかと思っていたのだが、展示品に何やら国宝が多くあったので、他の展示品もと見て回った。ところが、これも予想外に素晴らしかった。

     

     特に13,4世紀の絵巻などは、イタリアの同時代のゴシック絵画と相通ずるところがあったりして面白かった。


     だいたい何々特別展などというのは、1、2点主な作品があって、あとは平凡な作品が並ぶもので、今回もそのつもりで行ったのだが当てが外れて大いに得をした気分・・・。

     それにしても・・疲れた!!


    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM