久しぶりの更新

0

    久しぶりの更新です。

    その間の主な出来事三つ。

     

    9月19日、サークルで平城宮跡歴史公園の見学に参加した。

     

     昔の平城宮跡は、だだっ広く何もないただの草原だったが、今は綺麗に整備され、朱雀門や大極殿が復元されている。

     ただ、それらが学術的にどこまで真実に近いのかはわからないが、観光資源の一つだと考えたら、それほど目くじらを立てることもあるまいかと思う。

     

     復元朱雀門の南側には平城京や平城宮に関する展示館、それに遣唐使船までもできていた。しかも入場料、見学料は無料。ちょっと贅沢な遊園地のテーマ館だと思えばいいか・・。

     

     なんだか静かな奈良がだんだんなくなっていくようだ。

     

    9月25日、西ノ京病院で大腸内視鏡検査をした。

     

     この数ヶ月、排便の調子がどうも以前と違ってきたのでかかりつけの医師に言ったら、すぐに西ノ京病院を紹介してくれた。症状からみて検査をしてもらわなければと思っていたところなので受けることにした。

     

     ただ、初めての病院での検査となると、ちょっと困るのは、医師や看護師の説明が聞き取れないことである。

     そこで今回は、初めて市の福祉課にお願いして要約筆記者の派遣申請してもらうことにした。

     

     胃カメラと違って、検査のため一泊、ポリープがあって切除した場合はもう一泊。検査そのものは麻酔をかけるから眠っている間に終わり胃カメラより楽だった。

     

     結果は異常なしである。ほとんど覚悟を決めていたので、結果がわかった時は正直ホッとした。

     

    10月19日、信楽で茶碗作り

     

     聾の仲間と信楽へ行った。

     

     車で約1時間半。まず、のぼり窯々元の「宗陶苑」でのぼり窯を見学。雨模様の天気であったが、結構お客さんが来ていた。NHKの朝のテレビ小説の影響かとも思う。

     

     信楽はどこもかしこも狸だらけ、店の前には大小様々な狸と大きな睡蓮鉢が並んでいる。

     

     昼食を食べに入った店では、うどんのどんぶりまで狸。うどんの入っている場所は、ナントカの八畳敷きのところみたい!? 

     

     午後からは、ろう者の陶工の工房「古狸菴」へ行って、作陶の体験。狸のいろいろなヴァリエーションを作ったり、皿や茶碗などそれぞれ好きなものを作っていた。ここのご主人は以前「目で聴くテレビ」に出ていたのを見ていた。

     

     私は、茶碗を2個、井戸茶碗みたいなものと筒茶碗みたいなもの。

     ところが、高台を付けようとしたら、それは後で職人がつけるのだそうな・・? 高台をどんなふうに作ろうかと楽しみにしていたのにちょっと残念。どんな高台になって仕上がってくるのか・・・?


    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM