<< 池の睡蓮 | main | 記憶力の衰え >>

足から手、次は脳か?

0

     今年の初めから半年あまり、歩くこともままならない坐骨神経痛に悩まされていたが、二ヶ月ほど前痛みがス〜と消えていった(朝晩のストレッチの効果か?)。

     ところが、その頃から今度は手がむくみ痛み出した。指を曲げると痛い。特に朝は右手が痛くて曲がらない。動かしていると血の巡りが良くなるのか、昼頃にはかなり曲がるようになる。でもこれでは手話もできなくなる。
     それで神経痛のとき通った整形外科に行ったが、手の方はよくわからないみたい。循環器系の内科や神経内科にも行っみたが、結局は老化現象だということで済まされた。と言って放っておくわけにもいかないので、ネットで「手外科」という診療科を調べたら、幸い市内にもその専門の医師がいたので診察してもらった。
     結果は手首の骨にヒビが入っており、やはり老化には違いない。貼り薬とサポーターで様子を見るという。
     もう死んでもおかしくない歳なのだから、これぐらいの老化は自然の流れ。素直に受け入れるより仕方ないか・・・。


    コメント
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM