<< 足から手、次は脳か? | main | 10月の睡蓮 >>

記憶力の衰え

0

     最近、囲碁を教えて欲しいという人がいて、時々打ちに行く。まだ初心者で10級程度かと思うので13路盤を使って5子置かせて打っている。19路盤にすると井目風鈴ぐらいになるのではないだろうか。結構きつい。初めは連戦連勝だったが、このところ少し上達して勝率5割ほどである。2連勝したら1子減らすことにしている。

     

     一応指導碁なので、一局打ち終わったら初めから打ち直して検討することにしている。ところが、さて打ち直そうと思っても、どこに打ったか思い出せない。


     昔(40年ほど前)囲碁に熱中していた頃、毎週香芝まで指導碁を二局ほど打ってもらいに行ってたことがある。その頃は帰りの電車の中で打碁の記録を取っていて、だいたい60手から多い時で100手ぐらいまでは記録できた。それがなんと13路盤でもせいぜい10手まで。

     

     近頃、忘れっぽくなっているのは自覚していたが、ここまで記憶力が衰えるというのは情けない。でも、これも足腰の痛さや手の痛さと同様、老化という自然の姿なのでしょう。

     

     仕方ないから、タブレットをそばに置き、一手ごと石を置くたびに囲碁ソフトに記録することにした。


    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM