ハスの植え替え

0

     今年もハスの植え替えの時期が来た。

     桜が咲いたのでそろそろ植え替えかと思ってたら急に寒くなったので延び延びになり、例年より10日ほど遅くなった

     年々体力が衰え、腰も痛くなったので、用土づくりも植え方も雑になって来ている。それに今年のレンコンは育ちが悪かったので良い花が咲くかどうか・・・。

     おまけに、暖かい日を選んで4鉢を1週間以上かかって一鉢ずつ植えていったから、どの鉢にどの種類を植えたか、わからなくなってきた。ボケが来ているせいもあるが・・。多分こんなものだろうと思うが、右端の鉢など夏に花が咲いてみないと全くわからない。

     

     今年も少しだけレンコンが余った。ちょっと貧弱だけど、これでも花は咲く。


    桜と囲碁

    0

       

       近くの小さな公園で迎えの車を待ちながら、傍の桜の木を眺めていたら膨らんだ蕾の中に白い花びらが目についた。まだ数輪だが開花している。

       ようやく春になったかとは思ったが、それでも時の流れはますます早くなっていく感じである。この暖かさもあっという間に終わり、また夏の暑さに変わるのだろう。

       

       迎えの車と言ったが、ディサービスの送迎車ではない。最近ひょんなことから囲碁を趣味とする方と出会い、去年の暮れごろから月に2、3回その方のお宅へ打ちに行っている。坐骨神経痛が痛むと言ったら、わざわざ家の近くまで車で迎えに来ていただくようになった。甚だ恐縮している。

       棋力も似たようなもので毎回対局を楽しみにしている。

       

       囲碁は一時夢中になってのめり込んだものだが、そのうち相手がいなくなり、ここしばらく全く打っていなかった。最後に打ったのは10年ほど前、赤城温泉で関西棋院のプロの先生に指導碁を打ていただいた時か・・・?

       

       歳も歳だから棋力も落ちているとは思うが、まぁ何とかそこそこいけてるような気もする。

       ちょっとホッとしたが、またのめり込みそうな予感もする。

       


      その後のメダカ

      0

         

         1月に水換えをした水槽に全てのメダカを移したが、2月ごろから死ぬメダカが出てきた。

         原因は何かとネットで調べたら、どうやら水槽の大きさに比べて飼育数が多すぎたようだ。

         メダカは「1リットルに1匹」が限度らしい。 別のトロ箱で大きくなった稚魚を一緒にしたため100匹ほどになり、完全な定員オーバーだ。

         早速メダカを3箇所に振り分けた。短期間にあっちへ移し、こっちへ移しとメダカにとっては迷惑な話でストレスも溜まる。

         以前は餌をやると集まってきたが、最近は人の気配で物陰へ隠れてしまう。

         

         分散してから2週間余りになるが、死ななくなった。

         増やすのも程々にしないと・・・。


        水槽の大掃除

        0

           メダカの水槽に藻が張り付き、水も赤茶けて濁ってきた。PSB(バクテリア剤)を入れたりエアーポンプも使ったが、なぜか効果が出なかった、それで水換えをすることにした。

           

           カルキ抜き(中和剤)がなかったので、発泡スチロールのとろ箱に二日間ほど汲み置きした水を入れ、そこにメダカを移した。

           

           去年の夏孵化した稚魚を次々に入れたのだが、意外に多かった。数えたら50匹ぐらいいた。移されたストレスからか隅へ固まっている。それとも寒さのせいか?

           

           そのあと孵化した稚魚は、別のトロ箱に入れたままだが、2、30匹ぐらいいるはず?

           

           もう少し大きくなったら池に放してみようかと思ってる。


          ベトナムの土産

          0

             年末である。まず、ベトナムにいる息子が帰ってきた。土産はベトナムコーヒー(中央奥)、マンゴードライフルーツ、ジャックフルーツ(何だろ?)、カシューナッツ、果実ティー3種、そして手前左が「蓮の実」。

             

             蓮はベトナムの国花らしい。写真で私が蓮を育てているのを知ったベトナムの友だちが「お父さんへのお土産」と言ってくれたらしい。いいお友だち(^^)...!

             

              蓮は、8年前から栽培し毎年花は楽しんでいるが、実はまだ食べたことがない。食べられるのは知っていたが、どうやって食べるのか?味はどうなのか? 正月に食べよう〜

             


            12月の庭

            0

               今年も残すところあと10日ほど。寒くなってまた坐骨神経痛が痛み始めたが、なんとか今年も生き延びた。

               この数年、友人や教え子の喪中はがきを受け取ることが多くなった。自分の体力も80過ぎてから急に衰えてきた。もうそろそろかな〜と思ったりする。


               先日、亡くなった友人(教え子)のお悔やみに行って、彼が育てていた苔を形見のつもりで分けてもらった。幸いうまく根付いて、綺麗な緑の苔になっている。見るたびに彼を思い出す。昔、顧問をしていた演劇部の舞台づくりを手伝ってもらったことがある。もう半世紀以上前のことである。

               

               彼の家の庭は我が家と違って綺麗に手入れが行き届いていた。こちらの庭は、夏の茂った雑草が枯れてそのままの荒れ庭。池は相変わらずオオカナダモが繁茂しているが、水は綺麗に透き通っている。11月の初めに立ち上がった睡蓮の蕾はまだあるが元気なく横たわっている。

               結局、咲かずに終わりそうである。


              今度は歯

              0

                 数ヶ月前から左下の奥歯がぐらつき歯茎からの出血も見られた。


                 9月の定期検診では、歯根が割れているけど痛くなければ次の1月の検診まで様子を見ようとのことだった。

                 ところが最近歯茎が腫れていたみだし出血もひどくなったので、昨日診てもらいに行き抜歯してもらった。抜いた歯を見せてもらったが思いのほか大きかった。

                 

                 第一大臼歯である。この歯は乳歯が生えそろった後、6歳ごろから生えてくる一番大きな歯で「王様の歯」いうらしい。以前虫歯になって治療してはいるものの、70年以上も食事の度に一生懸命働いてくれた歯だと思うと、このままゴミ箱に捨てられてしまうのが何か可哀そうな気分になり、とりあえずもらって帰った。これも自分の分身、どこか土に埋めて本人より一足早く丁重に供養してあげようか・・・。

                 

                 歯の健康の一応の目安が「8020」(80歳で20本の歯を残す)らしいが、これで入れ歯が2個になり、あとブリッジが1個、欠損が1個。そのほか治療した歯はたくさんあるが、とりあえず根っこが残っているのは24本あるからまずまずなのかな・・・と思ってる。

                 あと数年、頑張ってもらおうか。


                今朝の池

                0

                   11月の半ばになると、朝晩かなり冷え込むようになってきた。 

                   

                   最近は、朝6時ごろに目が覚める。30分ほどストレッチなど体を動かした後、メダカと池の金魚に餌をやるのが1日の始まりである。

                   

                   今年生まれた金魚の稚魚がかなり大きくなって、池は金魚の大所帯となった。

                   

                   今朝も、餌をやりに行ったら、いつものようにたくさん集まってきた。餌をやりながらふと見ると、ちょっと増えすぎたオオカナダモの合間から睡蓮の蕾がのぞいていた。

                   11月になって睡蓮が蕾をつけるのは初めてだ。ただ、この蕾が咲くかどうかは・・・これからの天候次第か・・・?


                  今年最後の睡蓮

                  0

                     2週間ほど前、睡蓮の蕾が水面に顔を出した。その蕾がようやく咲いた。遅咲きの記録である。


                    In Body

                    0

                       一昨日はcohohの誕生日。82歳になった。

                       

                       去年は、誕生日の一ヶ月後に鳥取へ温泉旅行に行くなど、80過ぎてもまだまだ元気でいられそうだなと喜んでいたら、暮れから腰が痛くなり、正月過ぎぐらいからは坐骨神経痛で満足に歩けなくなった。半年ほど痛みに悩まされたが、それが少し楽になると今度は手がむくみ、手首の痛みと指先の痺れで手に力が入らなくなった。

                       

                       さんざんな一年間であった。今も足腰の痛みは残っているし、手は相変わらず貼り薬とサポーターをつけたままである。

                       

                       リハビリのため週に2、3回はジムに通っているが、トレーニングの負荷はグンと落とさざるを得なくなった。

                       

                       毎年、誕生日前後にジムで体成分測定をしているが、今年も今日調べてもらった。

                       測定結果表には、ここ10年ほどの体成分変化表が載っている。今までなんとか頑張って維持してきたのだが、今年はやはり骨格筋が落ちていた。

                       

                       予想通りと言えばそうなのだが・・。

                       これが年をとるということなんだな〜と思う。仕方ないか。

                       


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM